くまさん、さようなら・・・

  • 2010/10/25(月) 21:56:12

先週は5年に一度のショパンコンクールのネットのライブ配信に連日4時過ぎ就寝の鶴。
結局お昼寝した日はなく、少ない睡眠時間で乗り切りました。
でも、目の下にはくまさんが住み着き・・・。


昨日(日曜日)の朝はゆっくり起床(8時ですが・・)、少しくまさんが去りそうな予感。
くまさん、さよなら〜!

しっかし、今回のショパンコンクールは見応えがありました。
(もちろん聴きごたえもありました)
鶴のお気に入りもたくさんでき・・・
鶴の知り合いの子(幼児の頃からグレン・グールドに似ていて煌く何かを感じているのです!)に似ているルーカスくん(彼もグールドに似ていると思いますが‥‥)、くるくる巻き毛のニコライくん、演奏中の笑顔の素敵なインゴルフくん・・・、今後の活躍が期待されます。
鶴、長生きしなくっちゃ。

このコンクールのおかげで取り組むショパンの曲が増えつつあります。
ショパンの曲は人を幸せにする何かがありそう・・。


この記事に対するコメント

こんばんは

くまさん、無事に森に帰って行った頃でしょうか。^^
次にやってくるのは5年後、
しっかし、連日4時寝じゃ…身体が堪えてませんかあ?
急に寒くなったし、暖かくして早く寝て下さいね。

いつかショパンが弾けるまで、長生きしなくちゃ。

お疲れ様でした!

こんばんわ、鶴さん。。

ほんま遅くまでお疲れ様でした。
でも、好きなことや素敵なことって時間が経つの忘れてしまいますよね。
気がついたら・・・
ビックリすることも。。。
くまさんは、もう完全になくなりましたか??
また、健康的な毎日を過ごしてくださいね!!

ここさま

ここさま、鋭い! 
次に来るのは…5年後にして欲しいものです。

ショパン、すぐに弾けるようになりますよ!
地道に一歩ずつ前進しましょう!
「継続は力なり」です。(←この言葉が鶴の毎日を支えています)

さすらいの阿呆鳥さま

自分でもよく体が持ったものだと感心しております。
くまさんは完全に?お帰りになりました。
五年後は、鶴生きているかしら?くまさんをお待ちできるかしら?
などと、心配しております。

お疲れさまでした

聴いた後はとても心地よい眠りにつくことが出来ました。
普段からラッセルだけに心を傾けていましたが、
これからはショパン聴くぞ〜〜!!弾くぞ〜〜(、、、って、これは無理・泣)
教えて頂いたサイト、お気に入りに登録し何時でも聴けるようにしましたヨ♪
>ショパンの曲は人を幸せにする何かがありそう・・
はい!わたし幸せ〜〜♪♪
鶴さまの取り組まれるショパンの曲、極めてくださいマセ。
くまさんがこんにちは〜なんてことがないように。

くまさんもう来なくていいよ〜

鶴さま、聞いて聞いて〜〜!!

あーちゃんのピアノの発表会の練習のために、実家から生ピアノお引っ越しさせちゃいました〜〜!!

喜んでいるのは、私♪
早速ショパンの楽譜集を開いてみたものの、まったく指動かず。。。
落ち込みながらも、でもいつでもピアノのタッチが味わえるんだぁ〜と、心震えております〜!

やっぱり全然違う、電子ピアノと、タッチから音から強弱から感情の入り方から。
電子ではどこか冷めてる、でも生ピアノは思う存分妄想の世界に浸れるのだぁ〜!
あと、技術が伴えばなぁ〜…習いに行きたいなぁ〜…と思う今日この頃です。

らっちゃんさま

鶴、最近惚けてきたかも?
らっちゃんさまのコメント読んで、
「そうよ、ショパンは人を幸せにるする・・・、
らっちゃんさま、なんて素敵なことを!!」と。
そして只今、コメレスしようとよく読んでみたら
>印があるじゃ〜ないですか!
・・・・自分が言ったことに責任持てなくなりそうで怖いです。

今日、幻想曲を弾きながら・・・
どこが白い花?と。
この曲は「雪の降る街を」にパクられた感のある曲。
だから、雪⇒白い⇒白い花????????
でも、やはりそれだけではないということを感じながら
深い曲であることは間違いなし!
鳥肌たつほど鶴にとって素敵な曲です。

kumiさま〜! すてき〜!

ご実家にピアノがあるのなら、是非kumi邸に移動されたら?と
言いたいところを我慢していた鶴。
よかったですね〜! 
電子ピアノとピアノでは雲泥の差がありますもの。
アップライトでしょうか? Yマハ?Kワイ?それとも??
Yマハの昔のものは手入れ次第でかなりいい感じに弾けますよ。
現に、鶴がよくお邪魔している教会のYマハのアップライト。
30年くらいの中古を購入されたものですが
「Sタンウェイのフルコンがどこに?さがしたよ〜!」と
鶴の伴奏演奏に超お褒め(=お世辞)のお言葉を当摩さまから
いただいたくらい・・・。 
教会堂という入れ物がピアノの音をとても良い状態に共鳴させて
くれてなのですが。 
ピアノは生き物です。
技術は気持ちがあってこそ前進するものだと思います。
kumiさま彼と十分語り合って素敵な音を奏でてくださいませ。
鶴の忠告・・・・はまったら抜けられないですよ〜!

ピアノ繋がりで、、、

先日ホームコンサートに招かれ
ピアノ演奏とお喋りを楽しんできました。
聴き馴染みのある名曲のプログラムでしたのでとても親しみやすく
楽しい時間を過ごすことができました〜〜♪
その時のピアノがシンメル、、、
演奏者は「どんどん深海に吸い込まれるような深い音のピアノ」と表現されていましたが、んー聴いていてもド素人には分からなかったです(^^;)
勿論シンメルも初めて聞く名前。

鶴さまは弾かれたことがありますか?

らっちゃんさま

「シンメル」聞いたことあったようななかったような・・・?
調べてみました。旧東ドイツのピアノ屋さんのようですね。

「どんどん深海に吸い込まれるような・・・」
なんとなくわかるようなわからないような・・・?
どんな音なのかしら?

鶴的には深海よりも晴れ渡る青空に響き渡る音の方が好みです。
・・・鶴、カルイってこと?人生に深みがないってこと?
ちょぴっと反省。(↑気づかせていただきありがとうございました)




この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL