行ってきました〜!

  • 2010/10/09(土) 20:47:09

6日の晩、お友達の海月姫と響ホールへドライブ。

鶴夫の当てたハーゲン弦楽四重奏団のコンサートへ。

感想は一言、「素晴らしかった…・」

プログラム全曲が終わったときに時計を見たら20時58分。
そして、その後のアンコールにシューマンの四重奏曲3番の3楽章。
アンコール曲が終わってからも拍手は鳴り止まず、ホールの客席の照明が点灯しても続きました。 完全お開きは21時半近く。
何とも「濃ゆ〜い!」一夜でした。

でも離島の良いところ、電車や地下鉄を乗り継いでホールへ行くことなく車でGO!ができること。
(海月姫をご自宅に送って鶴邸に帰宅したのは22時前)
もちろん、終演後ホールの駐車場から退出するときの緊張とスリル?はありますが。

鶴の目をひいたのは(ヴィジュアル的にのおはなし‥‥)ヴィオラのおねいさんの腕。
筋肉の塊に見えました。弓を端から端まで使い全力で楽器を演奏しているのですから、
当たり前といえば当たり前。美しい筋肉美でございました。
(誰かさんの振袖腕とは違いましたわ)


アルモニーサンクの開館記念コンサート、ハーゲンカルテットと
今月の鶴はまさに芸術の秋真っ只中です。

この記事に対するコメント

よかったですね!

こんばんわ、鶴さん。。

ほんま素敵なコンサートやったみたいですね。
拍手が鳴り止まないって、すごいですよね!
いい音楽に出逢うってええもんですよね。
帰りは、少し遅くなりましたが充実した時間を過ごせてよかったですよね!!

現実の世界へ、おかえりなさいませ〜!(ごめんなさい…)
本当に素晴らしいコンサートだったのですね。
鶴夫さま、ナイス!

それにしても、9時半に終わってお友達をおくって帰宅が10時だなんて、なんて素敵な場所にコンサートホールが。
いや、ステキな場所に鶴さまのお宅があるのですね。

うらやましい限りです。
鶴夫さま、これからもドシドシ応募してくださいね♪

さすらいの阿呆鳥さま

10時前というとまだホウレンソウ・ストアが開いている時間なんです。
会場全体のライトが付いてからも拍手が続くコンサートって
今まで何度遭遇したことか!!
(記憶に残っているのは、カール・ベーム=ウイーンフィル、チェリビダッケ=読響、
ポリーニ、F=ディースカウ…有名どころが多いかも?)

kumiさま

出来れば、現実の世界へ戻りたくなかった・・・。
これが正直な感想です。非日常は蜜の味です!!

コンサートホールが近いのは、離島だからこそ!!
響ホールはこれでも遠い方です。
先日リニューアルオープンしたアルモニーサンク(旧厚生年金会館)は徒歩7分、
北九州芸術劇場も徒歩14分くらいかしら?(こちらは建物に入ってからエレベーターやらなんやらで時間がかかりますが・・・一度エレベーターに閉じ込められたこともありましたし…)

ハーゲンハーゲン弦楽四重奏団、全くわからなくて…
ぐぐってみたら、ものすごいものが当たってたんですね。
訳わかんなくて、遅れましたが、おめでとうございました。♪

私が習ってるお隣のピアノの先生、県の交響楽団のビオラ奏者でもあるんですが…
そうそう、細身な割には腕に筋肉が。!

芸術の秋、鶴さんもますますピアノに磨きがかかるかな。^^v

こんばんは〜

鶴さんが「おねいさん」なんて言っちゃダメですよ!(^^;)
でもすてきなステージにどっぷり浸れて良かったですね。
次はJャイアン・・・じゃなかった私のリサイタルで現実に戻ってください!(爆)
たすけて〜Dらえもーん!!

ここさま

なにを隠そう、鶴もググりました。

子供サイズのヴァイオリンの弓を長いと思う鶴。
フルサイズのヴァイオリンの弓を端から端まで使うとかなりの運動量です。
腕の長さが足りそうにないのでヴィオラは多分弾けないと思います。
ここさまのお隣りの先生、すらっと背が高い美しい方だと想像しております。

ふしぎ男さま

「おねいさん」、だめですかぁ?
ふしぎ男さまのリサイタル、招待券お待ちしておりま〜す。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL