北九州市民の夢をのせて待望のOPEN!!

  • 2010/10/02(土) 22:04:27

昨日、10月1日、旧九州厚生年金会館がリニューアルされて

アルモニーサンク 北九州ソレイユホールとしてOPENしました。

そのオープニング記念式典&コンサートに鶴友の海月姫さまと行ってまいりました。

テープカットは午後5時、記念式典&コンサートは6時開演。
ご都合つく方はテープカットにもご参加ください・・とのことでした。
たまたま二人とも都合よかったので、4時50分に検察庁合同庁舎交差点で待ち合わせ。
到着時(オープニングの5時の7分前に)は長蛇の列。テープカットは(テレビカメラが数社スタンバっていたので)あとでテレビで見ることにして、列の最後尾ヘGO!

このホールの一番の呼び物(と鶴は信じている)のパイプオルガンを聴くには
1階席右中央がベスト・・・と列に並んで席をゲット。

北橋北九州市長の開館宣言に始まり、北九州市立高校の吹奏楽部の演奏、豊島晃嗣松さんと能楽師三達によるお能の舞囃子、松居直美さんのパイプオルガン開き尺八、オペレッタ・・・・と約2時間半、趣向を凝らしたコンサートでした。

入場した時にいただいたプログラム、
何とエコバッグに入っていました…・        ソレイユホール開館で〜す!

この記事に対するコメント

ステキですね〜♪
鶴さまの、コンサートの記事を読ませていただくたびに、非日常への憧れをつのらせています。
そういう時間をもつことが大切なんでしょうね。

特等席から聴くパイプオルガンの音色はいかがでしたか?
趣向を凝らしたコンサート、楽しい時間を過ごされたことでしょうネ。
エコバッグにプログラム、粋な計らい〜〜(^_^)v
ピアノの楽譜が入りそうなサイズかしら?

大変遅くなりましたが開設3周年おめでとうございます。
これからもよろしくお願いします♪

kumiさま

鶴も非日常に憧れて日々生活しております。
応募して当たったオープニングコンサートでした。
このホールホウレンソウ・ストアから約500メートルのところにあり、
鶴邸から徒歩圏内なんですよ。 2日は郷ひろみさんのコンサートがあったようです。
毎日いろいろなものに追われて生きている鶴、
だからこそ、招待券が当たると、「あ、見えないどなたかが鶴に
少しリフレッシュしなさい・・プレゼントしてくださったんだわ!」
とありがたく頂戴しています。
>>そういう時間をもつことが大切なんでしょうね。
まさにこの『そういう時間』ですね。


らっちゃんさま

パイプオルガン、パイプは大そうじ、調整され、鍵盤は新しいものに替わり
客席が満席だったにもかかわらず 以前に比べとてもクリアーな響きになっていました。
趣向凝らしたコンサート、能の舞囃子なんてめったに見られませんよね。
日本の伝統芸能、肌に触れる機会なんて生まれてから何回目かしら?状態です。

エコバッグ、楽譜ちゃ〜んと入りますよ。

  • 投稿者:
  • URL
  • 2010/10/05(火) 21:51:46
  • [編集]

こんばんは

10月24日にソレイユホールで1曲歌うことになりました。
響ホールでも脚がガクガクするのに、もっと大きいホールで
大丈夫かしら……緊張で声が出ないかも……
コーラスの後にあるパイプオルガンの演奏を楽しみに頑張ります。

ひろママさま

大丈夫ですよ〜!
響ホールの方がアットホームな感じで緊張度は高いと思います。
それに、頑張って声を出さないと2階席の奥まで音はとどかないですよ〜!
鶴の経験では厚生年金は客席は勝手に客席??と言う感じ、
舞台の上で演奏は完結しちゃいます。
海月姫からお誘いを受けておりますし、歩いていけるホールなので
24日しかと見届けにまいる所存でございます。
ところで、ヒロくんの「きらきら星」は順調ですか?
鶴彼を弾きにいらっしゃる日を楽しみにお待ちしております。

そ、そうですか……。がんばります。
きらきら星は、ようやくvar.?というのを始めました。
見開き1枚分です。あと3枚もある〜。間に合わない〜。
速く弾こうとして音が転んでいるし。
もうちょっとできてから、聞いてやってくださいませ。

ヒロままさま

ヒロくんにお伝えくださいませ。
速く弾こうとして、速く弾けば弾くほど逆効果ですよ。
ゆっくり確実に弾けるようにしてテンポ(速度)を上げていくのが上達の近道です。焦らずに量をこなせば大抵の場合は弾けるようになりますよ。

そうそう、大きな(広い)舞台で立つのは足がブルブルしがちです。
でも、鶴が秋山(和慶)先生から直々に教わった指揮台(舞台)の上で足がガクガク緊張しない術をお教えいたしましょう。お膝の裏側にピンと力を入れて立つように‥‥。あとはリラックス・リラックス。 シャントンさん、楽しみにしています!!

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL