くまさん、さようなら・・・

  • 2010/10/25(月) 21:56:12

先週は5年に一度のショパンコンクールのネットのライブ配信に連日4時過ぎ就寝の鶴。
結局お昼寝した日はなく、少ない睡眠時間で乗り切りました。
でも、目の下にはくまさんが住み着き・・・。


昨日(日曜日)の朝はゆっくり起床(8時ですが・・)、少しくまさんが去りそうな予感。
くまさん、さよなら〜!

しっかし、今回のショパンコンクールは見応えがありました。
(もちろん聴きごたえもありました)
鶴のお気に入りもたくさんでき・・・
鶴の知り合いの子(幼児の頃からグレン・グールドに似ていて煌く何かを感じているのです!)に似ているルーカスくん(彼もグールドに似ていると思いますが‥‥)、くるくる巻き毛のニコライくん、演奏中の笑顔の素敵なインゴルフくん・・・、今後の活躍が期待されます。
鶴、長生きしなくっちゃ。

このコンクールのおかげで取り組むショパンの曲が増えつつあります。
ショパンの曲は人を幸せにする何かがありそう・・。


明日になってしまう・・・

  • 2010/10/20(水) 04:05:20

これから、予定より30分遅れてファイナル2日目の3番手さんの演奏です。

これでは今日も4時半近くの就寝になってしまいます。
(昨日もほぼ同じ時間でした)

ニコライくんが終わったら寝る予定だったのですが、これから弾かれるオーストリアの青年、
ちょっと気になって…(一昨日、予選のビデオを見ていて現在の鶴の一押しなのです)
寝ている場合ではない鶴。お名前はインゴルフくんで良いのかしら?


最近のピアノの椅子の脚、見ていてとても不安定に感じているのは鶴だけでしょうか?
ほとんどの方が従来の(?)4脚ではないものをお使いで、鶴には座れないと思って見ています。
(理由についてはまたそのうちに記事にします)

演奏が始まりました。
Yマハでの演奏が二人続き、このウイーン青年はSタインウエイ。
和音を弾いた時の独特の響きになんだかほっとしながら聴いております。
最近、このSタインウエイ独特の豊かな倍音による金属音っぽい音に非難の声があるようですが、
弾き手の技量によって全く違う音(そう、カメレオンのようにどんな音色にも!!)が作れるので、
鶴はとても好きです。

あら、もう三楽章。
いつになく緊張されている様子。(とってもお喉が乾いているようです)

素晴らしい演奏は時間がたつのを忘れてしまいます。
明日はおひるねしようっと。

芸術の秋は寝不足覚悟

  • 2010/10/18(月) 19:34:53

ここのところショパンコンクールのサイトにどっぷり浸かっております。

素晴らしい演奏を実況で、そして1次予選からのすべての演奏はアーカイブ・ビデオで、
全部を聴くには体力と時間がかなり必要です。
審査員の方々は、全てを真剣に聴いていらっしゃるのでどれだけお疲れのことでしょう!

一昨日3次予選が終わり、今日からとうとうファイナルです。
現地の午後6時から、日本時間では今日の深夜25時からです。
すべての本選出場者の演奏を聴いてはいないのですが、鶴的にはニコライくんがお気に入り。
ニコライくんは今日の2番目。 頑張って起きて聴きたいのですが…。


・・・ここのところ寝不足鶴、顔にくまが住み着いております。

追記:ニコライくんは19日のトップバッターでした。
これを書き足している現在、18日の2番目 ダニエルくんの演奏中です。
あああ、明日も夜更かし・・。

時代は変わった・・・

  • 2010/10/13(水) 20:36:42

5年に1度と言えば、そう、国勢調査。
みなさま、もう提出されましたか?
首都圏ではネットでの参加も可能とか。
5年後の調査は、全国どこからでもネット参加可能になっているのでしょうね。

そして国勢調査がすむと、舞台はワルソー(ワルシャワ)。
5年に一度のピアノのコンクール、ショパンコンクールです。


鶴が子どもの頃、学生時代には考えられないことが・・・。(想像もできませんでした)


ポーランドまで飛行機に乗って・・・という高いリスクを払わなくても、
コンクールの生中継ををネットで見ることができます。

現在、鶴はパソコンの画面の右半分でこのブログをアップしながら左半分でロシア(若い頃の
清水和音さんに似ている?)のお兄さんの弾くショパンの幻想曲を見ています。

生中継をしていない時間には アーカイブとしてすべての参加者の第1予選からの映像を見ることができます。どの参加者もとてもお上手です。

それぞれのショパン、それぞれの個性、とても微笑ましく見ている自分にも
年月(=年を取りました)を感じております。

おっと、演奏が終りました、次の奏者のピアノはスタインウェイではなくファツォーリ…とピアノを入れ替えです。カメラは審査員席を・・・アルゲリッチさんも小山実稚恵さんもいらっしいます。

鶴の不満は…Vistaで見ているより隣の部屋の鶴夫の7の方が画像が安定していること。
(横でブログ書いているからかしら?)
そうこうしているうちに次のフランスのお兄さんの幻想曲になってしまいました。
今日で第2予選は終わり。第3予選、ファイナルとネット漬けの日々になりそうです。

今年のシーズン終了

  • 2010/10/10(日) 21:07:06

連日の逆転負けでクライマックスシリーズ敗退を決めてしまった西武ライオンズ。
鶴の今年のプロ野球は今日で終わり。

2日続けて逆転負けするこたぁないでしょうか!!
もう、Nカジマくんの姿も拝めません。
Wたなべ監督の寂しそうなお顔が印象的でした。

がっくり。

スポーツの秋はもうおしまい。あとは食欲と芸術が残ってるぞ〜!

行ってきました〜!

  • 2010/10/09(土) 20:47:09

6日の晩、お友達の海月姫と響ホールへドライブ。

鶴夫の当てたハーゲン弦楽四重奏団のコンサートへ。

感想は一言、「素晴らしかった…・」

プログラム全曲が終わったときに時計を見たら20時58分。
そして、その後のアンコールにシューマンの四重奏曲3番の3楽章。
アンコール曲が終わってからも拍手は鳴り止まず、ホールの客席の照明が点灯しても続きました。 完全お開きは21時半近く。
何とも「濃ゆ〜い!」一夜でした。

でも離島の良いところ、電車や地下鉄を乗り継いでホールへ行くことなく車でGO!ができること。
(海月姫をご自宅に送って鶴邸に帰宅したのは22時前)
もちろん、終演後ホールの駐車場から退出するときの緊張とスリル?はありますが。

鶴の目をひいたのは(ヴィジュアル的にのおはなし‥‥)ヴィオラのおねいさんの腕。
筋肉の塊に見えました。弓を端から端まで使い全力で楽器を演奏しているのですから、
当たり前といえば当たり前。美しい筋肉美でございました。
(誰かさんの振袖腕とは違いましたわ)


アルモニーサンクの開館記念コンサート、ハーゲンカルテットと
今月の鶴はまさに芸術の秋真っ只中です。

久々のラッキ〜!

  • 2010/10/05(火) 21:31:54

一昨日の午後、「ピンポ〜ン!」
郵便屋さんが 「書留で〜す!」

「何かしら?」

届いたものはこれ・・・・      ハーゲンダッツじゃないですよ〜!

ハーゲン弦楽四重奏団のコンサートチケット(招待券S席二席分)でした。
当たらないかも?と思いつつもはがきを出したところ、何と大当たりです。
写真を拡大すると前売り券のお値段がおわかりかと思いますが、
S席1枚5000円也。 

曲目は ウェーベルンの四重奏曲 作品5
     シューベルトの『死と乙女』
     ベートーヴェンのラズモフスキー2番

なかなか魅力的なプログラム。
鶴、お恥ずかしいことに、弦楽四重奏団ってあんまり知らないのです。
ハーゲンカルテットは聴いたことありませんでした。
第2ヴァイオリン以外のメンバーは兄弟妹ですって。
そしてメンバー全員、現在モーツァルテウム音楽大学の教授だそうです。
(ググって得た知識・・)

明日コンサートが楽しみです。ここのところ寝不足なので睡魔に襲われないように
今晩は早く寝ることにします。  おやすみなさい。


今日のおまけ、本日ニュースウォッチ9直前のローカルニュースのアナウンサーさんの
ネクタイに注目(鶴の大好きなSNOOPYではありませんか!!)アナウンサーさん、お洒落!
                                       NHKテレビより

北九州市民の夢をのせて待望のOPEN!!

  • 2010/10/02(土) 22:04:27

昨日、10月1日、旧九州厚生年金会館がリニューアルされて

アルモニーサンク 北九州ソレイユホールとしてOPENしました。

そのオープニング記念式典&コンサートに鶴友の海月姫さまと行ってまいりました。

テープカットは午後5時、記念式典&コンサートは6時開演。
ご都合つく方はテープカットにもご参加ください・・とのことでした。
たまたま二人とも都合よかったので、4時50分に検察庁合同庁舎交差点で待ち合わせ。
到着時(オープニングの5時の7分前に)は長蛇の列。テープカットは(テレビカメラが数社スタンバっていたので)あとでテレビで見ることにして、列の最後尾ヘGO!

このホールの一番の呼び物(と鶴は信じている)のパイプオルガンを聴くには
1階席右中央がベスト・・・と列に並んで席をゲット。

北橋北九州市長の開館宣言に始まり、北九州市立高校の吹奏楽部の演奏、豊島晃嗣松さんと能楽師三達によるお能の舞囃子、松居直美さんのパイプオルガン開き尺八、オペレッタ・・・・と約2時間半、趣向を凝らしたコンサートでした。

入場した時にいただいたプログラム、
何とエコバッグに入っていました…・        ソレイユホール開館で〜す!