ブラームスはお好き?

  • 2007/10/31(水) 12:07:04

以前 隣の空き地にマンション建設・・・書きましたが
あの日は草刈・測量・地ならしで終わった様子
建築計画の看板を見たら11月1日から工事となっておりました。
明日から本格的に始まるのですね

平穏な爽やかな空を見上げ秋を感じております。
さて、中島香春さんのバッハシリーズも残すことあと2回となりました。
第6回のduo曲の一つはかなり前から鶴の要望で
ブラームスのヴァイオリンソナタ3番と決まっております。
10年ほど前 あるピアニストが ベートーヴェン・シューベルト・ブラームスの
最後の作品のみのプログラムを組んでいるのを知り、そのころ
ブラームスの後期のピアノ曲に取り組んでいた鶴も最後のop.119を重点的に
掘り下げてみようと取り組んだのですが、今一歩のところでしっくりこなくて 
何度も棚上げにしてきました。 先日の福田のぞみさんのオルガン演奏を聴き、
なんとなく見えてきた気がしてブログに書いたところ、彼女の思いを知ることができ 
ぱ〜っと前が開けたように思います。 のぞみさんありがとう
ベートーヴェンもシューベルトも後期の作品を弾いていて神を感じていたのに、
今までどうしてブラームスと神様が結びつかなかったのか不思議でなりません。
まだまだ取り組み方が浅かったのですね。

3番のヴァイオリンソナタも晩年の作品です。
亀さまの重厚な それでいて華やかなヴァイオリンの音色に
ぴったりの曲だと思っています。
彼女の音に合ったブラームスの伴奏ができるよう時間をかけて身繕いをしています。
まだまだ先の話ではありますがご期待くださいませ

教会オルガン・コンサート(3)

  • 2007/10/30(火) 12:41:17

こんにちは
教会のオルガンコンサートの記事、小出しにしたので(3)になりました。
先ほど、NONNONさまからのコメントを見てとても嬉しくなりました。
そう、小倉東篠崎教会は神様が舞い降りてくる教会なんです。

プログラム後半の1曲。
「さ〜て、お立会い!」井ノ森高詩氏の衝撃的な目の覚めるようなお声で 
「青少年のためのパイプオルガンガイド」(R.キュリィ作曲)は始まりました。
ナレーションの素晴らしい声に惹きつけられ、教会正面の壁に映し出される福島牧師による
オルガンのリアルタイムの映像を見ながら、きらきら星のオルガン演奏を楽しみました。
オルガン奏者って本当に大変 ピアノ弾きの鶴には同じ鍵盤楽器とは思えません。 
(厳密にはパイプオルガンは管楽器で、ピアノは打楽器でしたっけ?のぞみさん!)
両手は2段(以上)ある鍵盤の上を優雅に舞ったかと思うと、
鍵盤の左右や上方にあるスイッチやストッパーを操作して音色をコントロール、
華やかな手によるメロディーに対抗するかのように 両方の足は
足鍵盤の上をダンスのステップを踏むかのように行ったりきたりして、低音を演奏。
考えただけでもめまい起こしそうです。
ナレーション入りの音楽、鶴も経験がありますが、ナレーターと演奏者の呼吸が
意外と大変なんですよ。聴いている側は、ただただ楽しいのですが・・・。

ここで、鶴の不覚・・井ノ森氏と福島牧師のお写真撮り忘れました。
牧師先生には4人娘衆の写真を撮っていただいたのに・・。
ごめんなさい。

明日は亀さまのお話に戻る予定です

教会オルガン・コンサート(2)

  • 2007/10/29(月) 13:03:57

こんにちは
なんだかすっきりしないお天気です。
先ほど、注文していたシューベルトの楽譜2冊(ヴァイオリンと
ピアノのためのソナタ、ソナチネ、ロンド、幻想曲)が黒猫で届きました。
シューベルトは鶴の大好きな作家です。
昨日も岩阪先生のお声を拝聴しながら 「冬の旅」のバリトン伴奏、
どこかで弾きたいと思ったところです。
「魔王」よりも何よりも歌曲は「冬の旅」バリトンなんです!!
シューベルト、モーツァルト、ショパン・・・30代で
その生涯を終えた作曲家を思うと、鶴はなんて長生きしてしまったのでしょう!
なんて時々考え込んでしまいます。

さて、昨日のコンサートの続きです。
鶴には、ブラームス(「我、心より喜ぶ」「我、心よりこい願う」の2曲)がとても、
新鮮な驚きでした。 以前、楽譜をヤマハで頼まれて買ったときに
ブラームスにオルガン曲があるの?と驚いたものですが、
プログラムノートを読んだところ晩年の作曲・・
心にずしんずしんと迫ってくる演奏でした。
素晴らしい演奏に触れていると、鶴の場合聴くことを越えて別の世界に
ワープする事があります。滅多にないことですが、幸せな瞬間です。

岩阪先生の独唱も、とても素敵でした。 やさしく語りかけるようでもあるのに、
とてもしっかりと 前に前にまっすぐ進むお声・・・、それが会堂の上にまで立ち昇って 
のぞみさんのオルガンととても合っていました。
また、オルガンとのコラボ お聴きしたいです。




コンサート終了後のお二人です。岩阪先生には修正でネクタイを加えるように
言われましたが、 ごめんなさい、鶴にはここに写真をupするのが精一杯です。

午後になりました。鶴はシューベルトの譜読みにかかるとしましょう

小倉東篠崎教会オルガン・コンサート

  • 2007/10/28(日) 21:54:50

東の空に右上の少し欠けたお月様が出ています。
こんばんは

昨日は ワクワクして眠りについた鶴でした。
行ってまいりました。小倉東篠崎教会。http://ww71.tiki.ne.jp/~ten4/

鶴は、パイプオルガンのみのコンサートと決め付けて出かけたのですが、
なんと、鶴の尊敬する教会員の岩阪憲和先生のバリトン独唱あり、
同じく教会員の井ノ森高詩さんのナレーションとオルガンのコラボあり、
お歌を歌うのが苦手な鶴を巻き込んで会場全員での賛美歌ありで
オルガンの調べとともにとても充実したひと時を過ごしました。

演奏されたうちの何曲かは、福島牧師による撮影でリアルタイムに
オルガン演奏の映像を集った会衆が観ることができました。
福田さんの足の動きを見ていると、神業!!両手だけでも
大変なのに、その上両足を器用に操る(としか鶴には表現できません)
のぞみさんは いったいどんな体の構造??考えただけでもめまいを起こしそう!
会堂に響き渡るオルガンの音、とてもバランスがよく会堂全体が
楽器となっている感じでとても素晴らしかったです。
牧師先生のお話で、オルガンが教会にやってくるまで、到着してから・・
たくさんの方々の力に支えられて 今日のコンサートを迎えられたことを知り
鶴は 心打たれました。
楽器が新しい場所に移動してから落ち着くまでには時間がかかります。
こんなに早く 素晴らしい音楽が聴けたことは 
オルガニストの福田のぞみさんの腕(こんなに太くはないですよ)が素晴らしいということにも由ります。
こんなに素敵な音楽に触れることが当たり前のようにできるなんて
なんて 幸せなんでしょう
この続きはまた明日。




福田のぞみさんとオルガンです。奥にパイプが見えます。
鍵盤に伸びている手は のぞみさんへの花束のプレゼンター・
いのもりひかるくんの手です

明日、小倉東篠崎教会で・・・

  • 2007/10/27(土) 21:12:21

関東地方は台風20号の通過で風雨が強いとか・・お見舞い申し上げます。
こんばんは
亀鶴の住むここ北九州は今宵も が美しいです。
一昨日の午後6時の場所に午後9時の今、美しいお月様を
目の錯覚でしょうか 増減なくまん丸に見ています。


さて、先週の今日 亀鶴がコンサートを開かせていただいた
小倉東篠崎教会で 明日午後2時から3時半まで
教会オルガン・お披露目演奏会が催されます。
奏者は鶴の尊敬するオルガニストの福田のぞみさんです。
鶴は今からワクワクです。 美しい音楽は心を癒してくれます。
ピアノに限らず楽器の管理・維持はとても大変です。
東篠崎教会のパイプ付き電子オルガンのメンテナンスも同様でしょう。
素人の鶴には計り知れません。し・か・し、
素晴らしいコンサートを夢見ながら・・・ 
今宵この辺で
追記
ダルビッシュ、素晴らしいですね。大舞台で完投勝利。でも・・
未成年なんですってね。 優勝しても飲めないなんて!

十五夜

  • 2007/10/25(木) 21:43:00

こんばんは

今日は月齢15、十五夜です。
夕方、台所のバルコニーから真東に見える満月を見ながら
鶴は餃子をせっせと60個作りました。
とても美しいお月様です。
餃子の焼きあがったときにはかなり右(南)に
お月様は移動していました。
現在9時半 秋は夜空も天高いのでしょうか? 
約4時間経ってかなり上のほうに移動しています。
こんなに美しい満月は見たことないような・・・・。

亀さまとのバッハシリーズ あと2回残っていますが、
ピアノとのduoの曲目を決めるにあたり、亀さまが
「シューベルトのソナタに良い曲があったけど・・・・」
とのお言葉、鶴は今朝からクレーメルのCDを聴いております。
鶴としては、D.384のニ長調のソナタが気に入っています。
あとは、亀さまの趣味次第。

今日は、戸畑のSでAsahiの「あじわい」大麦由来原料99.9%
6缶購入してきました。 
これから、真ん丸のを眺めながらプシュッ!とします。
あと、お団子欲しいなあおやすみなさい

月見で一杯

  • 2007/10/23(火) 20:33:47

東南の空に美しい十三夜のお月様
こんばんは!
蛸は今日も缶を片手にお空を見上げて涙しております。

今日のご報告  (発泡酒)
SUNTORY 焙煎香味 秋生 (焙煎麦芽使用・限定醸造)
アルコール分   6.5%
カロリー     171.5kcal
五段階総合評価    4
?コク   3
?キレ   4
?苦味   3
?その他コメント 焙煎の二文字に期待しましたが
         まろやか麦芽でエビスっぽい
         お利口さんっぽいお味でした。
         アルコール度数が高いだけあって
         お酒に弱い蛸には1本でノックアウト!
穏やかに静かに酔いたいときに手にしたい発泡酒でした。
名月を眺めながらのにはぴったりかも。
蛸は しみじみ秋を満喫しました。

おまけ
今日は蛸の夫の誕生日・・・
夕方 O手町の果摘にケーキを買いにわざわざ出かけたのに、定休日でした
普段やりなれないことをしようとすると、うまくいきませんね。
何事も余裕を持って計画的にしなくては!と 反省の蛸でした。

明日は、亀鶴duoのコンサート報告にしたいと思います・・・・。
さて、どうなりますか・・・・。
おやすみなさい


KIRIN スパークリングホップ

  • 2007/10/22(月) 22:02:02

こんばんは
お月様が日に日に太っていってます。
満月はいつかしら?とお空を見上げながら
手にするのは もちろん
さて、今回は発泡酒の見比べレポートです。

KIRIN Sparkling Hop(ホップがこんなにフルーティ)
アルコール分 5%
カロリー 144kcal
五段総合評価 5
?コク  4
?キレ  5
?苦味  5
?その他コメント  謳い文句にあるように フルーティなさわやかさ
          (マスカットのような)の中にも キレのある
          ヤリヤリ感!これぞ 蛸好みのアルコールでした
これは、発泡酒ではありません(分類としては発泡性リキュール?)が、
評価するに値する美味しさでしたので、今回は取り上げました。
と言うより、 ビールではないビールっぽいお酒=発泡酒として
今後も飲み比べにこの種のお酒をエントリー可といたしたく思います。
鶴邸のネット終了時間が近づきましたので
今日はこの辺で。
おやすみなさい

良い夢を