すみません、鶴が踏んでしまいました

  • 2010/02/25(木) 09:20:06

おはようございます。
あと少しでアクセスカウンターが44444になる!と
昨日からどなたが踏まれるかしら?とワクワクしていましたが

なんと、今朝鶴が踏んでしまいました。  44444 踏んじゃった


次は55555を目指しましょう!


北九響第100回定演

  • 2008/09/21(日) 22:01:26

鶴が行ってきたでふ。 
創立50周年 
北九州交響楽団
第100回定期演奏会
左はプログラム、右は北九州交響楽団50年史北九響定演第100回プログラム他
上に乗っかっているのはくーぱぱくーままのの息子 ひでくーまんでふ。

さて、いただいた50年史、鶴はとても感慨深く読んでいふでふ。
某所には鶴父の写っている写真と名前が、そして 鶴の名前も写真もありました。
鶴父は、まさか死んで20年以上もたった今 その他大勢とはいえ 一つの同じ冊子に父娘揃って名前や写真が載るなんて思ってもいなかったでしょう。
鶴夫の転勤で離島に来てしまったのも何かのご縁なのかも知れません。
今日の鶴は いろいろな思いで一杯の一晩を過ごしていまふ。

それにしても、素晴らしいできの50年史でふ。
編集委員の皆様方に敬意をいだくでふ。
読むところがいっぱいあるでふ。
北九響の後援会員になれば頂けるということでふ。
 



ゴールデンウィーク最終日

  • 2008/05/06(火) 22:19:23

こんばんは、久々にくーまんでふ。
鶴は何日か前に このブログで予告したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタばかりの
コンサートに(「鶴号で行くから6日の午後は車を使う!」と鶴が断言していたのに、
鶴夫は意地悪にも突然「朝から釣りに出かける!」と鶴号に乗って行ったので)
今日の午後、バスでお出かけしたでふ。

行きがけに 楽屋に差し入れをと思い 『果摘』に行けば 定休日(火曜日)?でお休み。
あわてて別のお店でお菓子を買ったでふ。そのうえ、会場の受付に「差し入れを楽屋に…」
と申し入れたら 「ちょっとそこでお待ちください」。 GW最終日なのに お客様がいっぱいで 
チラシをセットして用意していたブログラムが足りなくなり、待たされている鶴の目の前で
お姉さんがひとりでバタバタとチラシとプログラムをセットし始める始末。
鶴の性分で、「お手伝いしましょう」の言葉の前に手伝い始めてしまい、
鶴ったらあ!!でふ。

コンサートは 大学院1年生のお二人の演奏で 何とも若々しい。
「若いって羨ましい」となかば落ち込む鶴。
GW最終日 ちょっぴりお疲れの鶴のご報告でした。
皆さんは 素敵なGWを お過ごしになられましたでしょうか?

鶴の風邪

  • 2008/03/22(土) 21:34:08

鶴が風邪をひいて困りはじめたのは 今週の月曜日。
「こんなに喉が痛いの生まれて初めてよ〜!」と
言いつつ、鶴の子の卒業式、鶴夫のアッシーを寝込むことなくこなし
さらに、お星さまのコンサートのため毎日の練習を欠かさず・・・・。
でも、くーまんは知ってるでふ。
その無理をした風邪が鶴の子にうつり、さらに、鶴夫にもぶり返しの風邪を
ひかせてしまったのでふ。(元はと言えば、鶴の風邪は
鶴夫の風邪がうつったものなのでふが・・・。)
風邪ってうつったりぶり返したりすると症状がひどくなるのもなのでふかね?
鶴の子は今日たまりかねて病院へ行き、レントゲンまで撮ったでふ。
咳が止まらなくて苦しそうでふ。

今の鶴邸はみんなが咳してコンコン、コンコン、
これではコンコン狐屋敷でふ。

明日はイースター、キリストの復活を咳でお祝いするわけにいかず・・・。
風邪は万病の元、皆さま風邪にご用心でふ。

ナース鶴?

  • 2008/03/11(火) 21:41:08

昨晩から 鶴はお風呂に入るためにはずした鶴夫のギブスの
固定のために 幅約10センチの包帯(伸縮しない)で足をぐるぐる
巻く作業をしてるでふ。

その手さばきは まさにナース鶴!
9歳のときに左手の手のひらを5針も縫う怪我をしたとき
包帯を巻く看護婦さんの手元をじっと見つめ、巻き方を研究、
その後、子供のアトピー治療のために 毎日鶴の子の両足をぐるぐる
包帯巻いてさらに熟練。
まさか、それが鶴夫のギブスのためだったとは!
くーまんでも思いつかなかったでふ。

2日目にして、もう心の中でぶーたれている鶴、
くーまん 見て見ぬ振りでふ


今日の天気

  • 2008/03/07(金) 22:01:41

今日一日のお天気は最悪だったでふ。

朝、鶴は 東の空に素晴らしい朝日が昇っているのを見て
お目覚め一番 バルコニーに自分の布団を干したのでふ。

それから1時間もしないうちに、 自転車出勤前の鶴夫が窓から外を眺め
「あれ?雨が降ってる。傘差して歩いてる・・・」(内心いやそうに・・)
「え〜っ!」と鶴(内心、雨降ってるってわかったら、欄干の
鶴の布団室内に入れてよ〜!)

その後の小倉は一日中 雨が降ったり お日様が照ったりの繰り返し。
鶴の子のために 小学校まで傘を届けたり、月曜日に修理にメーカーのサービスセンターに
出した掃除機が戻ってきたと連絡を受け 引き取りに行ったり、(これに関しては
買った当初からの不具合だったので 不良品?故障?と ぐだぐだ考えているより、
こんなに早く良好な状態にになるなら さっさとメーカーに聞けばよかったという結果でした)
なんだか一日中 車に乗っていた気がしている鶴。

さらに ガソリンを給油しにスタンドへ行ったら 今週いきなり 6円/リットルも
値上がりしたらしく、お怒りの鶴。

やっと週末でふ。 ゆっくり今週の鶴の疲れをいやしてあげるでふ。

バレンボイムのベートーヴェン

  • 2008/02/22(金) 20:49:21

今朝、最近NHK−BSで放送されているバレンボイムのベートーヴェンソナタの
シリーズ(2005年ベルリンでの録画)のビデオを見て 鶴が”宇宙”を感じ
感動していたことをお伝えいたしまふ。

鶴とバレンボイムの出会いは小学生のとき、鶴父が銀座ヤマハで買ってきてくれた
ベートーヴェンのソナタ5〜7番のソナタのレコードがバレンボイムだったのでふ。 
当時はベートーヴェンといえば ケンプとバックハウスのレコードくらいしかなくて 
バレンボイムは目新しい奏者、でもとてもノーマルな感じで鶴はとても気に入っていたのでふ。 
その後バレンボイム氏はレーベルを変えてグラモフォンでまたベートーヴェン全曲録音を
しましたが、鶴には1回目のEMIのほうがお気に入りで・・・・・。 
それから10年以上経ち、最近の彼の全曲演奏会の実況録画がDVDやBSで
配信されているのでふ。

2005年というとバレンボイム63歳、 人生悟りきったその演奏には 
偉大なる宇宙を感じざるを得ないのでふ。 「とても素晴らしい」の一言。
EMIとグラモフォンの録音の鶴の記憶は 消え去ってしまったようでふ。

ベートーヴェンは今の鶴には宇宙を感じる作曲家・・、と思っていたところに 
バレンボイムの映像を見て さらにそれを確信した様子でふ。

いつになったら復活するでふか?

  • 2008/02/16(土) 20:46:23

こうなったら、寝ている鶴の横で マーラーの交響曲第2番を
がんがんかけて、暗示にかけるしかないかも・・。

今日も一日床についていた鶴でふ。
『復活』(マーラーの2番)は、鶴のとても好きな曲でふ。
最終楽章の合唱がとても盛り上がって いつも涙を流してしまう・・。

明日は鶴にブログを書かせるでふ。
くーまんの念力に乞うご期待!