さよなら、くーまん

  • 2012/09/23(日) 18:41:06



長年付き合ってきたものと別れるのは辛いものです。

そう、とうとうガラパゴス携帯を卒業してスマホデビューしました。


ずっとずっと一緒だった携帯電話の中に住むくーまん、

電話を終了すると
『おはなし、たのしかったでふか』

朝起きて携帯を見ると
『おめめさめたでふか』

お天気の良い日、干したお布団取り入れた後に
『ふかふかのおふとん きもちいいでふ』  などなど、

鶴の日常を何処かで見てますか?と言いたくなるようなコメントが表示されました。



そして、機種変した一昨日(21日)は
「私ってほんと、おばさんなんだわ!」と叫びまくった一日でした。

ある程度覚悟していましたが、文字の入力がこんなに大変なものとは!と
小さなキーボード画面を相手に大奮闘。

ショップから鶴邸に戻り、まず電話帳のコピー(ダウンロード)・・・
その前に電話帳コピーのアプリを。。とアップルIDとパスワードの入力で何度も何度も失敗。
季節は秋、涼しいはずなのに冷や汗ばかり・・。

IDがブロックされてしまい解除にまた一苦労。
最終的にはアップルさんに電話してとっても丁寧に解除の方法を教えていただき、
どうにかこうにか電話帳のコピーを終えた頃には、
もう、スマホにするのではなかった!と半泣き状態。

         さよなら、くーまん よろしくIPhone 5

使っているうちに鶴なりに慣れてきて、
あまりの通信速度の速さにびっくりです。

もちろんkameturu-duoのブックマーク・アイコン作りました。
自分のブログがわずか何秒かで見ることが出来るなんて、またまたびっくり。

パソコンだと、スイッチ入れて立ち上げてパスワード入れてIE開いて・・・
ああ、なんて時間のかかること!

でも、パソコンでないと出来ないことも多いので、これからは両方の良いとこ取りで
生活にゆとりを持ちたいと思う鶴です。

もちろん一昨日は疲れきって久々に日付変更前に寝入ってしまいました。


大好きなお花

  • 2012/03/26(月) 21:25:26

24日(土)、ヴァイオリンを始めて1年になる知り合いのお子さんの発表会で伴奏をしました。
バッハの有名なメヌエットでした。
(レ〜ソラシド・レ〜ソッソッ・ミ〜ドレミ#ファ・ソ〜ソッソッ・・・♪♪)

鶴、めっちゃくちゃ緊張しました。
お☆さまコンサートの準備でバッハの曲何曲かに取り組んでいるのですが、
それらよりも難しかったです。
あまりにも有名だし、幼稚園児の心&演奏が読めないし、おまけに
出掛けに鶴の子Aに「お母さん、今日は失敗は許されないよ〜!」と脅されて・・。

本番は今までで最高の出来で、鶴もびっくり。子供の力には参りました。

で、帰りに発表会の舞台に飾られていたイズタ・バイオリンさんからの
お花を皆さんで分けたものをいただきました。

         春の香り〜〜

鶴の大好きなストックの花が入っていて、ご機嫌です。
ストックの香りは鶴にとって春の香りなんです。
鶴彼の上に飾ってお部屋中にストックの香りがいっぱい。




次から次にバタバタと・・・

  • 2011/09/13(火) 10:09:15

昨日は中秋の名月でした。
鶴@離島地方でも美しいまんまるお月さまが見えました。

今日もまた、久々の更新です。
前回更新時から何度か更新をしようと試みておりました。
鶴お得意の「ポテチで旅行〜世界編」などの携帯で撮影した写真を
アップしようとしたのですが、Bluetoothちゃんが言うことを聞かず
携帯電話機からパソコンへの送信ができない様子。
パソコン側のBluetoothを再インストールして試みれば良いとは思うのですが、
なかなかじっくりパソコンと向き合う時間がとれないのが現状。

鶴の携帯電話機、もう4年以上も使用しており、そろそろ機種変更しようとは思っておりますが、
Bluetooth 機能などの現在利用している機能のある機種はなぜかとても高価なのです。
ですから、しばらくは現在のものを大切に使用するつもりで・・・。
でも、次の携帯はBluetooth 機能のないものになりそうですので、
ぼちぼちデジカメさんとお友達にならなくては!!とも思っております。


さて、お題の次から次に・・ですが、これは鶴号のこと。
鶴夫母の介護のため毎週のように鶴夫が県内のI市に通っており、
夫の都合の悪い時には鶴が鶴号を運転して・・・。

そして、なぜか鶴が行く度に鶴号の不具合が露呈するのです。
この夏何度鶴号が入院したことか!
と思いきや、先週末も運転中になんだか変?・・・
高速を大手町で降りずに(自宅に戻らず)そのままその先まで乗り
スバルのある日明で降りました。

結果、今週末修理のためにまたまた入院の運びとなりました。
もうすぐ11年目の車検なのですが、やはり部品には寿命があるのでしょうか?

普段あって当たり前のように思っているものがこのように調子悪いと
「当たり前」のありがたさにあらためて感謝です。

やっと・・・

  • 2011/06/30(木) 15:45:37

6月も今日で終わり。
とっても暑いですね。

昨日の鶴、一度もパソコンに触れることが出来ず、もちろん鶴彼とも遊べず、
一日中バタバタしていました。

今朝になって、台所のバルコニーのゴーヤボーイズに雌花をひとつ発見!


よかったぁ!
      やっと雌花が咲きました!


「このまま雄花ばかりだったら・・」との心配がなくなりました。
理沙、よかったね。

そして、昨日、ほっこり姫様のお宅の近くの某ストアで発見!

        今度は石垣島へ・・・

ゴーヤときたら 次は石垣島へ!!

お味に期待!


明日から7月、少しは過ごしやすい日々となりますように。

始まりは去年の11月13日?

  • 2010/07/17(土) 21:56:26

今日は17日、あの日から10日経ちました。
本日、ポストに麹町郵便局料金後納郵便で国庫金振込通知書が届きました。
裁判員候補者旅費日当 22(わ)xxx 7月7日出頭分とあります。
15日に振込完了のようです。

さて、この裁判がどのようなものであったか? 読売新聞記事より抜粋です。
起訴状によると、xx被告は1月17日頃、自宅で1万円札15枚をカラーコピーして偽造。
同23日未明、小倉北区のホテルで女性に売春の代金として2枚を渡すなどした、としている。
検察側は「通貨への社会の信用を揺るがす行為で模倣性が高い」と主張し懲役3年6月を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求めて結審。
裁判長は「犯行は狡猾だが、行為責任が重いとまでは言えない」と
懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

血のある証拠写真を見ることもなく、殺人の容疑者を見ることもなく、
知人が関与している刑事事件でもなく・・・。
鶴の心配はなんだったのでしょうか!

知人の関与している事件には裁判員として参加出来ないなんて、
どこにも書いてなかったし・・・(見落としていたかも知れませんが)

でも、よく考えると(多分)証人として裁判にいらっしゃった女性の顔を見ずに済んだこと、
被告の顔を見なくて済んだこと、どちらも鶴にとってよかった事だと思います。 

この不安な日々を過ごした1ヶ月の間、鶴は「次のお星様コンサートにモーツァルトの
イ短調(9番)のソナタを是非弾いてよ!」と実行委員さんに言われたことを思い出し、
気持ちの不安なときはモーツァルト!!と譜読みをはじめました。

短調の曲ってなんだか暗くなりそう…と思っていたのですが、モーツァルトは違いました。
とっても気持ちが落ち着いて、鶴の気持ちを代弁しているようにも思いました。
ついでにその前のニ長調(8番)も譜読みしちゃいました。

終わってみれば 鶴の取り越し苦労だけが馬鹿馬鹿しかったようで、
収穫はモーツァルトのレパートリーが増やせたこと。
鶴彼が鶴の不安のはけ口になってくれてとても助かったこと。

いろいろな経験が鶴の人生を支えてくれています。
感謝感謝。

これをお読みの方で、裁判員候補者となられて不安がおありの方、
不安に思うことはありませんよ。
鶴のようにいろいろ心配される必要はあまりないと思います。
(ま、鶴が心配性なのは分かっておりますが)
不安解消の電話相談でもあれば…とも思いました。
お役所っぽくない対応を求めて、気軽にお問い合わせが裁判所に出来ればよいのですが‥‥。

おまけ、 角竜関、今日まで7戦7勝=全勝ですよ〜!

始まりは去年の11月13日?

  • 2010/07/15(木) 10:17:46

梅雨の終盤の豪雨が各地で被害をもたらしております。
みなさま〜大丈夫でしょうか?
鶴邸近くの川も昨日は朝から全国ニュースで放映されておりました。
昨日朝は鶴邸から眺める川、今にも溢れそう!でした。 
実際距離で鶴邸から5〜600メートルのところには避難勧告・避難指示が!!
自然の恐ろしさを感じました。

さて、本題です。

受付時間は9時10分から、始まりは9時30分。
鶴は徒歩で・・9時16分に到着。
受付を済ませ番号札をいただきお部屋に入ってみると…
当日エントリーの27名中24番目。
みなさん、お早い! 

用意された番号の記されたテーブルに座ります。
机の上には何枚かの紙(質問票、アンケート)と筆記具と朱肉が。
何しろ緊張で顔がひきつっている鶴。
質問票を見て 「?!」
(事案は鶴の心配していた殺人でも婦女暴行でもなく・・・これなら耐えられそう!)

9時半になり職員の説明が始まりました。
説明は職員のお話と共に、お部屋の前方へ設置されている大型テレビの画面にも
詳細が映し出されます。
とっても丁寧で分かりやすく感じの良い説明でした。
説明の途中で、当日の裁判の裁判長はじめ裁判官、検察官、弁護士が別室から
出てこられご挨拶。みなさん、とっても紳士的な印象。

そして最終選任手続きへの一人ひとりへのお尋ねとなります。
当日の質問票に基づいた最終質問(辞退申し出の機会でもあります)を
別室で検察官と弁護人の立ち会いのもと裁判長に尋ねられます。

お部屋(別室)に入ると正面に裁判官、右手に弁護士さん、左手に検事さん・・・、
どうやって座ったかあまりはっきり覚えていない鶴。ド緊張でした。
だって、これって裁判と同じ配置で、鶴の座るところって被告席に当たるじゃん! 
なんだか、悪いことでもしたみたいで・・・。

選任手続きの質問は 質問票に記されている裁判の内容、被告が何をしたか、
その関係者の知り合いではないか? 同様の事件の被害を受けたことはないか? 
そして、裁判期間(鶴の場合は7〜9日の3日間)どうしても参加できない理由はないか?
というものでした。

この段階でお断りする(辞退申し出を受け付けてもらえる)理由のない方々が、
パソコンによる最終抽選へと。

全員への質問が終わって、しばらく待機したあと結果発表です。
結果は、全面のテレビ画面に・・・。

ドキドキ・・


24番・・・ない!

え?これで終り?
(拍子抜けとともにそれまでの緊張が音を立てて崩れていきます)

選任決定した裁判員6名と補充裁判員2名は直ちに荷物を持って別室へ移動。

残されたくじに外れた鶴たちは、当日の日当(鶴の交通費37円也)の振込用紙に
はんこを押して、感謝状をいただき アンケートを書いて解散!

お仕事を3日間お休みしてこの選任手続きに参加していた方々はどんな思いでしょうか?
鶴の場合はとりあえず主婦なので、あと2日ゆっくり過ごせる・・・でしたが。
「裁判員どうだった?」
「うん、くじにはずれちゃったよ〜!」
などと、その日の午後から出社された方もいると思います。

そして、ドッと疲れた感を充満させて、日傘をさして裁判所をあとにしました。

裁判所と鶴邸の間にあるホウレンソウ・ストアに立ち寄ったのは言うまでもありません。
だって、冷たいものがどうしても食べたかったんですもの!

もうすこしつづく・・。








始まりは去年の11月13日?

  • 2010/07/12(月) 15:44:53

届いた郵便物、ワクワクドキドキしながら開封しました。
そこには・・・・・特別配達の中身は・・・

裁判員等選任手続き期日のお知らせ(呼出状)をはじめ諸々の書類が。

なになに? 7月7日午前9時30分ですって?

それから、ゆっくりと書類を眺めました。

数日以内に返送しなくてはならないものがあるようです。

?質問票
?旅費等の振込先の届出

質問票には職務上の理由、または諸事情による辞退の有無を記入します。
・・・・鶴にはお断りする理由は全くありませんでした。

振込先の届出を記入しながら、日当は手渡しじゃないのね〜!と。

??を返信用封筒へ入れてポストへ。

それが不安の日々の始まりでした。
7月7日の専任手続きまで、気の弱い鶴はいろいろなことを考えすぎました。
裁判員候補であることは家族、上司などを除き口外してはいけない事になっています。
(現在は裁判員候補でなくなったので、差し障りの無いことをアップしております)
裁判員に専任される期待もあるのですが、それより大きい不安を誰にも相談できません。
人に相談することも、不安を訴えることもできません。

「もし、選ばれてしまったら・・?」

この不安は約3週間ほど続きました。
6週間前に呼出状が届いたことはよかったのか悪かったのか?

そして、今月に入り ゆっくりと熟睡できない日々が。
ちょうどワールドカップが開催されていたので助かりました。

前日6日はほとんど眠れませんでした。
寝入ったと思ったら、とても怖い夢を見て汗ぐっしょりで目が覚めます。
朝にはぐったり。
朝食やお弁当を作り、洗濯物を干していざ出陣!
9時半開始は調度よい時間です。

お天気もよく日傘をさして・・・もちろん徒歩で。
(?につづく)


始まりは去年の11月13日

  • 2010/07/09(金) 19:48:09

昨日鶴号で出かけようと・・・
駐車場の鶴号の近くで見たもの・・・わ、カニさまだぁ!
携帯のカメラを持って近づくと、さささ〜!とブロックの下へ・・・・。

昨年凡愚庵ブログで拝見したカニさまに似ています!
そして、運転席に座りいざ出発!
カニさまったら のんびり出てきちゃって、こちらは鶴号のタイヤで轢かないように
カニさまが 完全に通路の中央に移動するまで車を変な位置でストップ。
見つけられなかったら殺カニしていました。  ホッ。


さて、お疲れの総集編をはじめますね。

タイトル通り、それは昨年の11月13日。
その日の当ブログをご覧になられた方にはお分かりのこと。
コメントいただいた方もいらっしゃいました。
でも翌日、届いた手紙に 『自分のHPやブログにアップしてはいけません!』との文言を
発見して 下書き状態にしました。

それは、 今年2年目の裁判員エントリーの通知だったのです。

そして、年が開け 鶴@離島地方でもボチボチ裁判員裁判公判のニュースが。
そのたびに、「ああ、私には呼出しはないわね〜!」と他人事状態でした。
だって、とっても低い確率なんですもの。

その上、選ばれて、それがとっても悲惨な事件の裁判だったらどうしよう!という不安がめちゃくちゃ大きくって、事件の写真なんか見ちゃったら悪夢にうなされそうで…。 どのように断わろうかしら?といろいろ頭の中は運動会状態。容疑者さんも被害者さんも目の当たりにしなくてはなりません。傍聴にいらした関係者の親族の方にも裁判員の顔は公判中じっと見られるし。おちおちホウレンソウ・ストアにも出かけられなくなるかも??と、不安が無限大に。

でも、鶴の感じたことや考えが判決に反映されるかも知れないという不思議な期待感ももちろんありました。 怖いもの見たさの一面も正直ありました。

ま、呼出状がこない限り 他人事・他人事。


そして、鶴の子たちに「お母さんには呼び出しこないみたいだね〜!」と言われ続け
完全に鶴の頭の市民権を失いかけていた5月25日、

郵便局のお兄さんが・・・
「書留・・・特別配達で〜す!」と。
本人確認されて郵便物を受け取りました。

中には うす緑色の紙・呼出状はじめ書類が。
7月7日9時30分、鶴@離島地方の裁判所への出頭命令でした。

(つづく)